We are DADA

PR

世界が注目!リアルタイムの洋楽シーンと共振するバンド”The fin.”

back-stage-the-fin
SoundCloudで公開された「Night Time」はネット上で話題を呼び、日本のみならず海外からも問い合わせが殺到するという現象を引き起こした神戸出身の4人組、The fin.。その80〜90年代のシンセ・ポップから、シューゲイザー、USインディ・ポップ、チルウェーヴなどを経由したサウンドスケープは、海外と同時代性のある正当派インディ・ロックとして、この2014年に新たな風を吹かせた。
それがこちら。


このやわらかなシンセサイザーの音色。あるいはダウンテンポのリズムとYuto Uchinoの吐息が漏れるような甘い歌声。
main

masa001
ここ数年における全世界的なポップ・シーンの潮流をスタイリッシュに咀嚼した作品もあまりない。そう、彼らはここでチルウェイヴ~インディーR&Bの甘美なアンビエント・サイケを踏襲しつつ、そこからもう一歩踏み込んだフィジカルなバンド・アンサンブルを見事に具現化しているのだ。

5958865b49454ece6dcddd1ee1102ba6
この記事が気に入ったら
「いいね!」をしよう

あわせて読みたい

001-1
ひとりスーパーカー、10年代のCorneliusとも言われるトラックメーカー”Oii〜オー・アイ・アイ〜”
hqdefault
様々なインストバンドに影響を与えるバンド”Ghosts and Vodka”
1
身近な食品を使って描かれた14のポップカルチャーの肖像画
Time-Is-Of-The-Essence-hi-res-04-copy-750x422
マンションからこぼれる明かりを一棟丸ごと使って作られたMV「Time is of the essence」
tumblr_nytonj2CrS1ukvh85_og_1280
弾むピアノ、包み込むギター、穏やかな歌声の世界基準高偏差値ポップ”The Charm Park”
cover
ベルリンのアーティストのユニークなポップカルチャーアート20選
f0048302_19153846
ポストロック界の至宝バンド”Saxon Shore”
Magic_Press_2016
ショーン・ポールまでフィーチャー!カナダ発ゴキゲンレゲエ・ポップ・バンド”MAGIC!”